あなたは知ってる?セックスレスが起こる原因の紹介

あなたは知ってる?セックスレスが起こる原因の紹介

近所に新婚夫婦が引っ越してくると、毎晩のように愛を確かめ合っているとおもいますよね!
やがて、新婚夫婦の奧さんのお腹が大きくなり、子供が生まれます。そして、幸せな家庭となります。
ところが、最近、このような幸せな家庭に、突然、危機が訪れるのです。
それは、夫婦生活で当然のように営まれているはずのセックスが、何かの原因のため、ゼロになってしまうのです。
これが夫婦間での合意があれば問題にならないのですが、どちらか一方が拒否とすると拒否された方が苦痛を感じます。
これが、今、言われているセックスレスとなります。
このセックスレスは、医学的にも重要なこととして、日本性科学会では、特別な理由をなしに1ヶ月以上セックスがないカップルと定義づけるまでになっています。
ここでは、夫婦生活の中で男と女の大切な営みがなくなる原因を紹介します。

あなたもセックスレスの仲間入り?セックスレスの特徴紹介

あなたもセックスレスの仲間入り?セックスレスの特徴紹介

夫婦に愛の営みがなくなると、家族全体が暗くなり、解決への話し合いをすることになり、夫婦が距離をおくための別居生活、夫婦として再起不能になる離婚、苦痛を与えたことに対する慰謝料など、いろいろと面倒なことになります。
この面倒なことにならないためには、夫婦の愛の営みを継続していくことが重要になります。
ここでは、愛の営みとなるセックスがなくなる夫婦の特徴を知りましょう。

セックスはしたくない!けど妊娠はしたい!人工授精はできる?

セックスはしたくない!けど妊娠はしたい!人工授精はできる?

結婚をして妻になると、夫の子供が欲しくなるのは自然なことになります。また、娘や嫁として親から孫の顔が見てみたいと要望されることにもなります。しかし、何らかの原因で愛の営みが減ると妊娠ができない夫婦がいます。
このような時に妻は妊娠するために、人工授精や胎外女性ができないかと考えることになります。
ここでは、愛の営みがなくなった夫婦でも子供を授かることができる人工授精と胎外授精について解説します。

セックスレスで別居することってあるの?

セックスレスで別居することってあるの?

愛の営みがなくなった夫婦は、愛を確かめ合う方法が失ったことになります。
当然、一緒に暮らしていても苦痛が増えるだけになります。
それは、愛の営みを求めても相手が応じない側のことになります。これが、愛の営みを受け入れない側は、今の暮らしに満足しているケースが多いため、平和な暮らしを崩されることに抵抗を感じます。
だから、セックスレスによる別居は、愛の営みができないことに苦痛を受けている側が、行動に出ることになります。
突然、このような方法を使うと、愛の営みに応じない側は、事の重大さに気がつくことが出来ないために、パニックになる可能性があります。
そして、裁判、離婚へと話し合いの場に第3者が加わることで、二度と愛の営みを戻すことは出来なくなります。
現在、セックスレスによる離婚が増えています。それに伴い別居は増えていることになります。
でも、こればベストの解決方法になるケースとは限りらないのです。
ここでは、このようなケースになることについて紹介します。

セックスレス改善の話合いでの禁句ワード!

セックスレス改善の話合いでの禁句ワード!

結婚して夫婦になったが、以前は他人同士であったため、お互いに違う文化の家庭環境で育ってきたのです。
これは、違う文化の家庭環境で育ってきた男と女が夫婦となり、何かの理由で愛の営みがなくなると、考え方の違いから話し合いという行為の必要性の問題が生じます。
そして、愛の営みを復活させたいと考えているのは、セックスレスにより苦痛を受けている側になります。
だから、愛の営みがないことに慣れている側は、長い期間、このことに対して話し合いがないことから、夫婦間の問題として捕らえていないケースが多いことになります。
これが話し合いになったときには、愛の営みを要求している側に、大変な負荷が出てきます。
けれども、この話し合いをする事で、愛の営みができるようになれば、これからの夫婦生活がよりよいものになります。
そのためには、お互いが冷静に話し合うことのできるシチュエーション選びと相手に対しての禁句キーワードを知ることが大切になります。
特に、この話し合いの進行をするのは、愛の営みがなくなり苦痛を受けている側なので、相手が感情的にならないように注意が必要です。

効果的なセックスレスの解消法

効果的なセックスレスの解消法

私たちは、すでに愛の営みがなくなった、近いうちにセックスレスになると思っている夫婦がたくさんいるはずです。これを少しでもは早く解決と予防することで、この先に待っている別居や離婚、それに慰謝料支払いなどを避けることが出来ます。
基本的には、初めは話し合いになりますが、これを行えば良いという事ではないのです。お互いに段階を踏んで解決していくことが大切になります。
ここでは、このセックスレスを解消法について説明をします。

夫と交わらない妻の心理とは?

夫と交わらない妻の心理とは?

女性は、夫を評価するとき、減点方式を採用していきます。
そのため、結婚後、夫に対して満たされない事ばかりを、女性は表面化してきます。
それに女性は、夫との結婚を後悔するかのように、満たされない部分を加齢と共に表面化していきます。
それは、夫に比べて女性は、出産や子育て、家事などの環境の変化が多いからとなります。
だから、女性は、妻としての心理に母親としての心理が加わるのです。
ここでは、男性である夫よりも女性である妻の心理の方が、変化が激しいことについて紹介します。

妻に触れない夫の心理とは?

妻に触れない夫の心理とは?

本来、男性は、常に性欲を満たしたいと思っています。だから、結婚前から結婚後も妻へのスキンシップを、男性は継続したいと思っています。
ところが結婚後、妻の出産、家族を養うための責任、育児、妻の加齢などの刺激を、男性には受けます。また、男性は、妻からの感情的な発言を継続的に受け、心理的・精神的に傷つくと引きこもりになります。それは、男性はナイーブな部分を強く刺激されることが弱点だからです
そして、この女性の発言は、男らしさというプライドの部分にまで刺激することになります。
そのため、男性としての夫は、妻を女性としてではなく、婚姻契約をした同居人と思いすべてから避けようとします。
ここでは、このようになる夫の心理の変化について紹介します。

性生活が原因の浮気で請求できる慰謝料の金額

性生活が原因の浮気で請求できる慰謝料の金額

男と女が結婚生活を継続するために、愛を確かめ合うセックスは重要なことになります。
それは、法的に認められています。
しかし、この男と女の営みであるセックスを、勝手な理由で拒否をする側がいます。そのため、セックスを拒否された側は、結婚生活に苦痛を感じるようになります。
そして、この苦痛を感じた側は、段々と相手の愛を感じなくなり、やがて、別の異性へ愛を求めることになります。
しかし、婚姻という契約をしたことで、相手を裏切る行為が契約違反になります。したがって、夫婦間以外の異性に愛を求めることは禁止なのです。
これでは、愛の営みがなくなりセックスレスを受けている方の苦痛を無くすことが出来ないのです。
ここでは、苦痛を受けている側が、別の異性に愛を求めることが契約違反ではないことを説明します。

愛がない夫婦生活では離婚はできる!?

愛がない夫婦生活では離婚はできる!?

普通、夫婦とは、愛する男と女が結婚することで成立するものです。この男と女は、夫婦になる前に恋愛期間があり、そこで何度も繰り返し男女の営みをしてきました。それは、お互いの愛を確かめ合うためのものになります。
そして、夫婦として一緒に生活をすれば、この男と女は、愛を確かめ合うためのセックスの数が自然と増えることになります。
ところが、この夫婦生活の中で、愛を確かめ合うことで子供が生まれたり、お互いの悪い面を発見したり、別の異性に興味を示したりなど、次第に男と女の愛に変化が出てきます。
このようなとき、夫婦の絆が壊れることがあります。それは、もともと夫婦は、他人同士であるからです。
この結果、セックスの数が減り、セックスレスを受ける側が出てきます。
そして、これが長期化すると、セックスレスを受けている側に不満が溜まり、離婚に進展することになります。
ここでは、愛の営みがなくなったことに不満を感じている側から、離婚を求めることが出来るか説明します。